ニュース

2022年01月18日

【ぐるなびリサーチ部 】2022年「バレンタイン」調査

~6割弱が今年チョコの購入を予定。パッケージ、ショコラティエ、限定品が決め手~

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は、女性ユーザーを対象に今年のバレンタインに関するアンケートを実施しました。主な結果は以下の通りです。

■調査結果ポイント「バレンタイン」調査

① 今年チョコの購入予定がある人は6割弱で、贈る相手は「配偶者」が5割弱で最多、以下「恋人」「職場関係」「自分」「子ども」が2割台。
② 購入先は「デパート」が約6割で最多。
③ 重視点のTOP3は「パッケージがおしゃれ、かわいい」「好きなショコラティエ、パティシエ」「限定品」。
④ 購入金額は「昨年と変わらない」が約8割で、義理チョコを購入する人は約3割。
⑤ 購入金額は総額3,000円~5,000円未満が最も多く、単価の最高額は1,000円~1500円と2,000円~3,000円未満が同率。

【調査概要】
■調査期間:2022年1月7日(金)~10日(月)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび女性会員1,000名

㈱ぐるなび  リサーチグループ長  本間 久美子
㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子

今年は、「チョコの購入予定がある人」が57.2%昨年(※)の52.7%より4%増加しており、バレンタインのチョコを貰える人も増加するかもしれません。全体を見ると、配偶者の方や恋人・パートナー、仕事関係の方の他、2割以上の方が自分用に購入予定があると回答しています。感染者数の急激な増加で、予定を変更される方も多いかもしれませんが、コロナ禍でも購入は実店舗で選ぶのを楽しみにしている方が多く、人と会う機会が減ったからこそ、日頃の感謝を伝える機会として、バレンタインデーに贈り物を考えていらっしゃる方も多いようです。
※2021年「バレンタイン」調査レター
 https://corporate.gnavi.co.jp/release/2021/20210106-019396.html

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら