会社案内

代表取締役社長 久保征一郎 ごあいさつ

新たな価値を創ったビジネスモデルがさらに進化

人気サイトへと発展し、外食する人のオフィシャルサイトへ

ぐるなびの事業コンセプト

『私たちは常に社会の変化を見つめ、“レストランのサポーター”として価値あるサービスを提案します。時代とともに進化する“食のトータルサイト”を通して、常に満足していただける情報を提供します。』を事業コンセプトとして1996年にサービスを開始し、現在(2016年)は総掲載店舗数50万店(詳細情報掲載店舗数15万6千店)、会員数1,397万人(2016.4.1現在)を超えるメガサイトへと成長しています。

生活者が飲食店を選ぶ行動スタイルに革命をもたらしました

企業には必ず顧客が存在します。ぐるなびの場合はインターネット利用者である生活者と飲食店が顧客にあたり、私たちはどちらの顧客に対しても革命的変革をもたらしています。生活者に対しては飲食店を選ぶ行動スタイルに革命を起こしました。以前は飲食店を探す場合、雑誌や口コミが一般的でしたが、今では幅広い年代、職業のだれでもがインターネットを使い、ぐるなびで飲食店を検索することが当たり前になりました。
また、もう一方の顧客である飲食店に対してはインターネットを活用した新しい販促の考え方を定着させつつあります。大規模なチェーン店は別として、圧倒的に数の多い中小の飲食店は販促という概念すらありませんでした。私たちは生活者の圧倒的支持を得ているサイトの力を背景に、飲食店に向け、低額かつコストパフォーマンスのよい本格的な販促ツールを提供し、飲食店の売上に大きく貢献しています。店舗経営の中で極めて重要な販促というテーマで飲食店と接することで、付加価値の高いビジネスモデルを構築してきました。

事業領域を広げ、企業パワーのさらなる進化を目指します。

おかげさまで、ぐるなびは情報の正確性、充実度などから高い信頼と幅広い支持をいただき、外食することを決めた人たちにとっての『オフィシャルサイト』として位置付けられるようになりました。
現在、私たちは、さらに役立つサービスを提供すべく、事業領域を拡大中です。これまでに培ってきたICT検索プラットフォームと、約1000人の営業体制を中心とするオフライン・プラットフォームを両輪に、食材の生産者、飲食店、そして生活者を繋ぐ食の「情報問屋」としての役割も果たしていきます。また、エンターテインメント分野のコンテンツも開発し、外食をより楽しんでいただくための情報提供も充実させていきます。さまざまな領域で新たな進化を続けるぐるなびに、これからもご期待ください。

株式会社ぐるなび
代表取締役社長

久保 征一郎