ニュース

2022年04月13日

【ぐるなびリサーチ部】"ゴールデンウィークの過ごし方"に関する調査

今年はカレンダー通り「3連休」が約3割と最多。外食の予算が前年比800円近くも上昇!

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として定期的に情報を発信しています。今回は、“ゴールデンウィークの過ごし方”について調査しました。詳細は以下の通りです。

【調査結果ポイント】

・今年のゴールデンウィークは、カレンダー通りの「3連休」が29.3%と最多、「10連休」は13.1%に。
・ゴールデンウィーク時期の新型コロナウイルスの感染状況の見通しは、全体では「変わらない」が41.9%、「悪くなっている」が32.4%で、昨年と比較すると、「悪くなっている」と考えている人は減少傾向
・ゴールデンウィークにしたいことは「自宅で過ごす」「外食」「ショッピング」がTOP3。「自宅で過ごす」は昨年より減少し、外出関連の予定が増加。
・外食の相手は「家族」が72.9%、「友人」が41.1%
・外食の1食1人当たりの予算は5,660円で昨年より800円近く上昇。予算の増減は全体で「増やす」が22.3%20代50代では、ともに「増やす」と回答した人が25%以上

【調査概要】 
■調査期間:2022年4月1日(金)~3日(日)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

㈱ぐるなび  リサーチグループ長  本間 久美子
㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子

コロナ禍で迎える3度目のゴールデンウィーク、昨年よりも外出が増える傾向。

今年のゴールデンウィークは、カレンダー通り「3連休」になる人が約3割と最多
ゴールデンウィークの過ごし方では「自宅で過ごす」昨年より約5ポイント減少し、「外食」「ショッピング」増加しました。
「5連休」が3割で最多だった昨年のゴールデンウィーク調査と比較すると連休が短い傾向にあるため、近場で楽しもうと考える人が多いのかもしれません。
また、新型コロナウイルス感染状況の見通しについては「変わらない」が4割超と最多に。大きな変化はないだろうと考え、ゴールデンウィークに「自宅で過ごす」以外の計画を考えている様子が今回の結果からうかがえました。

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら