ニュース

2022年03月15日

【ぐるなびリサーチ部】新年度の食に関する意識調査

~外食願望が高まる新年度!「行ったことのないお店に行きたい」と約3割の方が回答~

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は「新年度の食に関する意識」に関して調査しました。

「子供の進学」や「新しい趣味を始める」など、新年度は様々な節目を迎え、新たな環境に身を置くタイミングです。食に関する新たな取り組みの調査結果からは、コロナ禍による環境の変化が伺えました。調査結果の詳細は以下の通りです。

【調査結果ポイント】

・新年度のスタートを機に「食」に関して新たに始めてみたいと思うことは、「行ったことのないお店に行ってみる」約3割最も多く、次いで「ダイエット」「料理のレパートリー増やす」約2割と続く。新たに何か始めたいと思っている女性8割弱、男性より2割程度高い傾向。
・新年度に外食で味わってみたいメニューは「ジビエ」21%で最も多く、「代替肉」15%
・行ってみたいと思うお店の取り組みは「ひとり席専門店」「食品ロスゼロ」「モバイルオーダー」がTOP3。

リサーチグループ長  本間 久美子
リサーチグループ長 本間 久美子

コロナ禍で迎える3度目の新年度。生活環境の変化とともに、食に関する意識にも影響が出ているようです。調査では、新年度に「食」に関して新たに始めてみたいことを聞いたところ「行ったことのないお店に行ってみたい」と、約3割の方が回答。コロナ禍でなかなかできなかった“飲食店の新規開拓”を切望している方も多いようです。また、行ってみたいと思う飲食店や味わってみたいメニューについて、「ひとり席専門店」「モバイルオーダー導入」など、コロナ禍で注目された新たな飲食店スタイルやDXの取り組み、また、「食品ロス」「ジビエ」「代替肉」といったSDGs関連のキーワードに注目が集まりました。

【調査概要】 
■調査期間:2022年3月7日(月)~8日(火)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら