ニュース

2021年11月18日

ぐるなび会員IDと楽天IDの連携会員数が 500万を突破

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎 以下、ぐるなび)は、楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下、楽天グループ)と2018年10月よりぐるなび会員IDと楽天IDとの連携を開始し、ぐるなびのネット予約において「楽天ポイント」を貯めることを可能にするなどの取り組みを進めてきました。多くのユーザーの皆様にご利用いただき、この度、2021年11月16日(火)に楽天ID連携会員数が500万を突破したことをお知らせいたします。

ぐるなびは、楽天IDとの連携開始以来、「楽天ポイント」をフックとしたネット予約利用促進の独自キャンペーンを実施するなど、飲食店の集客を支援し、会員基盤拡大に向けた様々な施策を行ってきました。2020年10月には、Go To Eatキャンペーンの影響により新規会員数の増加が加速。さらに2021年7月からは、楽天グループからデリバリーおよびテイクアウト事業を承継し、「楽天ぐるなびデリバリー」「楽天ぐるなびテイクアウト」としてぐるなびが運営を開始。イートイン、EC、デリバリー、テイクアウトを包括し、⾷に関する課題やニーズにワンストップで応える「⾷の総合サイト」の展開に向け、ぐるなび会員・楽天会員双方にとっての利便性向上に取り組み、さらなる会員拡大に努めます。今後は1,000万規模の会員基盤を目指し、楽天エコシステム内におけるぐるなびサービスのプレゼンスを確⽴・拡⼤していきます。

ぐるなびは、「食でつなぐ。人を満たす。」という存在意義(PURPOSE)のもと、事業を推進しています。今後も「飲食店経営サポート企業」として、飲食店への送客拡大に貢献する良質な会員基盤を構築してまいります。

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら