ニュース

2021年03月08日

【ぐるなびリサーチ部】"緊急事態宣言解除後の外食意向" 調査

78.8%が「外食したい」と回答。外食の相手は「家族」、お店のジャンルは「寿司」がトップ

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は、“緊急事態宣言解除後の外食意向”について調査しました。詳細は以下の通りです。

【調査概要】 
■調査期間:2021年3月1日(月)~3月2日(火)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

【調査結果ポイント】
・直近1ヶ月の外食頻度は、週に1回以上が30.2%
・緊急事態宣言の解除後に78.8% が「外食したい」と回答。
・緊急事態宣言の解除後に一緒に外食したい相手は「家族(64.1%)」と「友人、知人(46.2%)」が高い。「友人、知人」は20代の女性は65.6%と全体に比べて高く、「1人で」は全体が27.7%なのに対して20~40代の男性では40%以上と高い傾向。
・緊急事態宣言の解除後に行きたいお店のジャンルは「寿司(52.0%)」「焼肉(48.9%)」「イタリアン、フレンチ(42.4%)」が上位となった。 「イタリアン、フレンチ」「カフェ、喫茶店」は女性の意向が高く、「居酒屋」は男性の意向が高い傾向。
・緊急事態宣言解除後の外食の際に気を付けることは、半数以上が「少人数での利用」「密を避けられるお店を選ぶ」と回答。
「Go To Eatキャンペーン」のポイントは、保持者の91.6%が緊急事態宣言解除後の外食で「使う」と回答。

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら