ニュース

2017年01月16日

訪日観光客のレストラン予約ニーズに応えると共に、飲食店の利便性を向上

中国最大手オンライン旅行会社Ctrip 台湾最大級オンライン旅行会社 KKdayとレストラン事前予約で提携

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、訪日観光客のレストラン予約ニーズ増加を受け、飲食店の効率的な集客をサポートするため、年間訪日中国人観光客の約3割の200万人が利用する中国最大手オンライン旅行会社Ctrip(中国語会社名:上海携程国际旅行社有限公司、本社:中国上海市、CEO 孙洁)と、年間訪日観光客25万人が利用する台湾最大級のオンライン旅行会社KKday(中国語会社名:酷遊天國際旅行社股份有限公司、本社:台湾台北市、 CEO 陳明明)との提携により、事前決済型の多言語レストラン予約サービスを開始します。

 2016年の訪日観光客数は約2403万9千人となり、増加し続けています。そのうち中国からの訪日観光は最も多く、台湾は3番目に多く訪日しています。今後も訪日観光客数が増えると予想され、2020年には4,000万人とする政府目標に向けて各業界が受入れ準備をしています。また、スマートフォンの普及によりインターネット経由で旅行プランを個別手配する旅行者が増えており、レストラン予約に関しても益々需要が高まっています。

 一方で受け入れる側の飲食店では、予約客が当日連絡もなく来店しない「ノーショー」が起こる懸念がありました。弊社の独自調査でも外国人からの予約を受けたくない飲食店の主な理由としてノーショーのリスクをあげています。このような状況から、「事前決済」予約が可能な海外旅行関連サイトと提携することで、訪日観光客を受け入れる飲食店にリスクのない予約サービスを提供します。また、言語問題等が起こる海外企業との交渉を、ぐるなびが間に入ることで支援します。

 また今回の提携で、訪日観光客は、日本の質が高い高級店や人気店の詳細なコース情報を言語を気にせず予約できるようになります。同サービスは、訪日観光客が増加する桜の花見シーズンに向けて、春先に開始する予定です。


Ctrip(上海携程国际旅行社有限公司):
 1999年に中国の上海で設立され、宿泊施設やフライト、列車、パッケージツアーの予約及び法人の旅行マネジメントサービス等旅行サービス全般を提供する中国最大のオンライン旅行会社です。会員数3億人、年間利⽤者数10億人、年間アプリ利⽤比率70%、年間訪日客利⽤者数200万人で訪日中国人観光客の約3割を占めます。2010年に立ち上げた着地型観光ツアーTTD部門(things to do)は、 訪日中国人FIT旅行者向けに、 Ctripサイトにて日本全国の日帰りツアーや遊園地チケット、レストラン予約などの商品を販売しております。

KKday(酷遊天國際旅行社股份有限公司):
 2014年5月に台湾で設立し、2015年10月には予約者延べ人数100,000人を突破、ツアー6,000件(2016年)を有し、日本、韓国、香港、シンガポールやマレーシアなど5つの地域に海外拠点を持つ台湾最大級のオンライン旅行会社です。

■ 旅行者による日本レストランの予約が増えていますか?

■ ノーショー(無断キャンセル)についての 飲食店意識調査

■ 事前決済型レストラン予約のしくみ

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら