ニュース

2022年07月13日

【ぐるなびリサーチ部】7月の3連休の過ごし方に関する調査

3連休の外出予定は「外食」が4割を超えトップに、平均予算は1人1食あたり4,322円

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として定期的に情報を発信しています。今回は、7月の3連休の過ごし方について調査しました。詳細は以下の通りです。

【調査結果ポイント】

3連休の予定は「毎日外出する」が15%、「外出する日もある」が34%。
外出予定は「外食」と「ショッピング」が約40%と上位に。 
・3連休中に行こうと思う外食業態は、男性は「焼肉、ホルモン、鉄板焼き」、女性は「イタリアン、フレンチ」が1位。
・お店を選ぶ際の重視点は、「ポイントが貯まる、使える」が50%強で最も高く、「密にならない」「予約ができる」「クーポン特典」が40%前後。「ポイント」は若い世代ほど重視している。
外食の予算は平均4,322円、旅行の予算は平均約3万円。


【調査概要】 
■調査期間:2022年7月1日(金)~3日(日)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

7月の3連休は約半数が外出を予定。外食予算は平均で4,322円。

㈱ぐるなび  リサーチグループ長  本間 久美子
㈱ぐるなび リサーチグループ長 本間 久美子

調査時点では約半数の人が連休に外出を予定。特に20-30代では「毎日外出する」の割合が高く、若年層ほど、外出にも積極的なことが分かります。
また、外出を予定している人の中では、「外食」を楽しむ人が4割を超え、「ショッピング」とともに、人気となっています。表外となりましたが、「国内旅行」や「日帰り旅行」は10%程度、「海水浴、プール」「遊園地、テーマパーク」は5%程度にとどまることから、7月の3連休では、本格的なお出かけではなく、身近なレジャーを楽しむ傾向も伺えました。
なお、外食の際のお店選びの重視点については、「ポイント獲得」が「密を避ける」などの感染対策よりも上位になっており、コロナ禍での外食機会を気負うことなく、楽しむ人が戻りつつあるようです。

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら