ニュース

2020年12月18日

AIカメラで飲食店の混雑状況を可視化しリアルタイムで発信するサービス

「飲食店LIVEカメラ」実証実験開始!

2020年12月18日(金)より仙台市の飲食店約50店舗でスタート

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎 以下、ぐるなび)は、ユーザーの安心・安全に配慮したお店選びをサポートし、飲食店への送客につなげることを目的に、飲食店の混雑状況を可視化し、リアルタイムに情報発信するサービス「飲食店LIVEカメラ」の実証実験を、仙台市内の飲食店約50店舗にて2020年12月18日(金)より開始します。

本サービスは、株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷俊二)が提供している「OPTiM AI Camera」を活用し、飲食店に設置しているカメラで、店内の様子を撮影。撮影された画像をAIが解析し、自動判別で人物を匿名化します。匿名化した画像を「飲食店LIVEカメラ」特設サイト上に1分おきに更新して表示することで、混雑状況をリアルタイムに発信します。また特設サイトでは、画像が地図上に表示されるため、混雑を避けて、今いる場所からすぐに行くことができる飲食店選びが可能となります。

ぐるなびが2020年11月にぐるなび会員を対象に実施した調査では、外食してもよいと思う条件について、「隣席との間隔や店内のスペースが広く、ゆったりしているお店」が87.3%、「来店客が少ないお店」が73.4%の回答があり、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、混雑を避けたお店選びの意識の高まりがうかがえます。このような背景から、飲食店の混雑状況を画像で可視化し、リアルタイムに発信することで、ユーザーの安心・安全に配慮したお店選びをサポートし、飲食店への送客につなげます。

今回は、仙台市の飲食店約50店舗を対象に2021年3月中旬(予定)まで実証実験を実施し、本実証実験の結果をもとに今後は全国でのサービス展開を検討していきます。

ぐるなびは今後も、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店のサポートを推進し、ユーザーのさらなる利便性向上につながる新たなサービスの創出を目指します。

■「飲食店LIVEカメラ」実証実験 概要

期間:2020年12月18日(金)~2021年3月中旬予定
対象:仙台市内の飲食店50店舗
URL:https://gotip.gnavi.co.jp/livecamera/map/
内容:
飲食店にカメラを設置し、店内の様子を撮影。撮影された画像をAIが解析し、自動判別で人物を匿名化。匿名化した画像を「飲食店LIVEカメラ」特設サイト上に1分おきに更新して表示することで、混雑状況をリアルタイムに発信。

▲表示イメージ
▲表示イメージ

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら