ニュース

2018年06月20日

~拡大し続けるインバウンドマーケットに向けて~

「ぐるなびインバウンド大作戦」

2018年6月中旬からサービス開始

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、拡大し続けるインバウンドマーケットに向けて、飲食店のインバウンド戦略をトータルにサポートする「ぐるなびインバウンド大作戦」を2018年6月中旬より開始します。

「ぐるなびインバウンド大作戦」は、大規模なチェーン店から個店まで、あらゆる飲食店を対象に、お店のインバウンド戦略をぐるなびがトータルにサポートするサービス。「ぐるなびインバウンド大作戦木戸料(参加費)」をお支払いいただくことで、ぐるなびが持つあらゆるノウハウを注ぎ込んだインバウンドのサービスをまとめて飲食店に提供します。サービス内容は、ネイティブのチェックを入れた外国語メニューブックの作成サービスをはじめ、特別価格のオプションサービスとして、お店紹介動画の制作、インバウンド決済手数料優遇、海外提携メディアによる海外プロモーション、事前決済型ネット予約手数料優遇、インバウンド対策セミナー、「外国語コンシェルジュ」による電話予約代行など多岐にわたります。

2017年の訪日外客数は2,869万人を突破し、前年比19.3%増と引き続き過去最高を記録しました(出典:JNTO) 。さらに政府は2020年に4,000万人、2030年に6,000万人という高い目標を設定し、訪日外客数は今後ますます高まることが予想されます。

観光庁の調査によると、訪日外国人が訪日前に日本に期待していることの1位は「日本食を食べること」。訪日外国人客の旅行支出の中で、飲食費は約20%を占めており、日本の外食市場に大きな経済効果をもたらしています。多くの外国人が日本の食に大きな期待を寄せて訪日しており、飲食店での外国人集客の機会もますます拡大しています。さらに、2017年の訪日外国人2,869万人のうち61.4%を訪日2回目以上のリピーターが占めており、リピーターほど地方へ訪問する傾向があるという結果も出ています。各地で固有の食文化を持つ日本にとって、リピーターの取り込みにも大きなチャンスがあると言えます。

その一方で、訪日外国人にとって、日本の飲食店情報の入手方法や言語コミュニケーションにおいて不便を感じている状況は変わらず、観光庁が2017年に実施した「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」によると、訪日外国人が旅行中困ったことは「施設等のスタッフとのコミュニケーション」が最も多く、次いで「無料公衆無線LAN環境」「多言語表示」でした。

「ぐるなびインバウンド大作戦」は、このような状況を受けて、全国の飲食店に急務となっているインバウンド戦略をトータルでサポートし、拡大するインバウンドマーケットに対応するサービスを提供していきます。

ぐるなびは「世界に誇れる日本の食文化を守り育てる。」という企業使命を掲げ、事業を進めています。今後も、日本の食文化や食を通じて観光を楽しむための情報サービスを提供していきます。

「ぐるなびインバウンド大作戦」概要

■木戸料(参加費):月額2万円

■「ぐるなびインバウンド大作戦木戸料(参加費)」にて提供するサービス:
 ・外国語メニューブック(4言語対応:英語/中国語・繁体字/中国語・簡体字/韓国語)の提供
 ・ぐるなびPRO、ぐるなび店舗ページ(日本語版/外国語版)の利用

■特別価格にて提供するオプションサービス:
 ・LIVE JAPAN(対象地域のみ)
 ・お店紹介動画制作
 ・インバウンド決済手数料優遇
  (「AliPay」/「WeChatPay」) ※2018年夏から開始予定
 ・海外プロモーション
  (「TripAdvisor」等、提携する海外メディアを活用したサービス) ※2018年秋から開始予定
 ・「外国語コンシェルジュ」による電話予約代行
 ・事前決済型ネット予約手数料優遇
  (「Ctrip(中国)」「KKday(台湾)」「Lion Travel(台湾)」等)
 ・インバウンド対策セミナー

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら