ニュース

2018年04月26日

「こちら秘書室」公認『“接待の手土産”セレクション2018』「特選」30品が決定!

「こちら秘書室」公認『"接待の手土産"セレクション2018』「特選」30品が決定!

通算3回「特選」に選ばれた手土産を「殿堂入り」として新たに選出

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、約35,000人の秘書会員を持つ日本最大の秘書業務サポートサイト「こちら秘書室」の現役秘書の目利きにより選ばれた『“接待の手土産”セレクション2018』の「特選」30品を発表しました。また、通算3回「特選」に選ばれた商品は2018年より『殿堂入り』として認定。2018年は3品が殿堂入りしました。
 「“接待の手土産”セレクション」とは、「こちら秘書室」に登録する約35,000人の秘書室会員ネットワークを活用し、現役秘書の目利きにより選ばれたビジネス使いに特化した手土産のこと。年間十数回にわたって開催される品評会にて、「ビジネスシーンでの贈答品」という観点で、秘書本会員のべ1,000名が目利きした手土産品を「接待の手土産」のサイトで紹介しています。サイトは2014年に開設され、1年間かけて目利きした商品の中から、特に秘書からの評価の高い商品を「特選」として2015年より表彰。また、通算3回「特選」に選ばれた商品は、2018年より「殿堂入り」として認定する運びとなりました。
 2018年3月に発表された国税庁の会社標本調査結果によると、2016年度の企業の交際費は、前年比4.1%増と2011年以降5年連続で増加しており、接待シーンにおいて手土産を用意する機会も増加しているといえます。また、2012年以降のギフト市場規模も年々増加傾向にあり、2018年予測では10兆4000億円(※)とされており、接待シーンに限らず今後も様々な生活シーンにおいて手土産市場が活性化していくことが予想されます。
 ぐるなびでは、誰もが知る名店の逸品から、知る人ぞ知る地方生産者の名品まで、個性豊かな日本の食文化の象徴とも言える手土産を紹介することで、ユーザーの新たなニーズを満たすとともに、飲食店の新たな市場創出と、生産者の販路拡大の手助けとなることを目指しています。
※矢野経済研究所「プレスリリースギフト市場に関する調査を実施(2017年)」より引用

殿堂入り【お惣菜・調味料・食材部門】まぐろの角煮 / うを徳 

価格:4,255円(税込)  東京都
職人が火加減を調整しながら丁寧に炊き上げた、「うを徳」の自家製まぐろの角煮です。大切な方やお世話になっている方への贈り物はもちろん、生魚が苦手な外国の方への贈り物などにもおすすめです。

殿堂入り【洋菓子部門】プティガトー30 /東京會舘 東京駅一番街店

価格:3,240円(税込)  東京都
昭和31年、フランス料理のデザートを家族のために持ち帰りたいというお客様のご要望から生まれました。贅沢な材料にたっぷりのバター。昭和40年代後半に機械化されましたが、今でもパイは手作りしています。

殿堂入り【和菓子部門】海鮮しぼり焼詰合せ /巴屋 清信

価格:5,400円(税込)  広島県
瀬戸内の魚介を職人の技でしぼり焼き上げた、海鮮煎餅。独自開発した「しぼり焼」の技術で、瀬戸内・広島の海産物を、つなぎの小麦粉等を一切使わずにそのまま煎餅にしました。 
※しぼり焼は登録商標です。

※「特選」30品についてはPDFをご参照ください。

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら