ニュース

2016年06月06日

男女ペアで戦う「ペア碁」の最強決定戦!「ペア碁ワールドカップ 2016東京」に協賛決定!

日本囲碁界史上初の七冠を達成した井山裕太九段が世界に参戦

飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、2016年7月9日(土)・10(日)に開催される「ペア碁ワールドカップ2016東京」にゴールドスポンサーとして協賛します。



「ペア碁ワールドカップ 2016東京」は、公益財団法人 日本ペア碁協会(所在地:東京都千代田区、理事長:松田昌士)と、世界ペア碁協会、「ペア碁ワールドカップ 2016東京 大会実行委員会」が主催となり開催される世界的なイベントです。今大会には、日本囲碁界初の七冠を達成した井山裕太九段をはじめ、世界12ヵ国・地域、16ペア32名の囲碁界を代表するトッププロ棋士・アマ強豪棋士が集結し、優勝賞金1,000万円をかけて戦います。

ペア碁は、男女ペアで行い華やかでイベント性やエンターテインメント性が高いことから、アジアを中心とした海外で普及しています。今後ぐるなびが日本の食文化の普及・啓発を図る上でも、ペア碁は大変に重要な文化財です。加えて、ぐるなびでは、棋力三段相当以上の学生を対象とした新卒採用の「囲碁セン」を行うなど、囲碁を通して培った経験や力を重視した人事採用に取り組んできました。そのような背景を踏まえ、本大会の主旨である「ペア碁は国を超えたコミュニケーションに役立つゲームであり、世界的に普及することは世界平和の実現の一助になる」という考えに賛同することから、協賛をするものです。


■ペア碁とは
1990年、ぐるなびの創業者・代表取締役会長の滝久雄が創案した頭脳(マインド)スポーツです。従来の囲碁とは異なる発想や戦略が必要な知的ゲームで、男女のペア同士で対局を行います。ペアの二人はパートナーと称し碁盤を挟み対局するペアと向かい合うようにパートナー同士は並んで着席し、着手する順番は●女性→○女性→●男性→○男性→・・・の順とし、この一巡を正規のローテーションと称します。国や言葉の壁を超えてコミュニケーションを図ることができ、世界70ヵ国以上で親しまれています。2010年には広州で開催された「第16回アジア競技大会」でも採用されました。

■大会概要
開催日程 7月9日(土) :1回戦・2回戦   7月10日(日):準決勝戦・決勝戦・表彰式
会 場  渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
出場選手 井山裕太九段ほか世界12ヵ国・地域 、16ペア32名
大会URL  http://www.pairgo.or.jp/pgwc/2016/

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら