ニュース

2012年12月19日

第4回 学園祭グランプリ

東京外国語大学「第90回 外語祭」が優勝

学生じゃなくても、ふらっと行って楽しい学園祭No.1が決定!

飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)と東京地下鉄株式会社(東京都台東区、代表取締役社長:奥義光)が共同で運営する東京のおでかけサイト「Let's ENJOY TOKYO」(http://www.enjoytokyo.jp/)は、12月18日(火)に「第4回学園祭グランプリ」の表彰式を実施しました。第4回学園祭グランプリのMVPに輝いたのは、東京外国語大学「第90回 外語祭」でした。

◆MVP◆ 東京外国語大学 「第90回 外語祭」

東京外国語大学「第90回外語祭」
【実行委員会】呉文里さん、加藤早紀さん、澄川裕貴子さんのコメント
「外語祭」よりも楽しい学園祭はないと信じてやってきたので、MVPを受賞できて本当にうれしいです。「外語祭」で東京を、日本を元気にしたいという想いで頑張りました。「外語祭」は府中で開催しており、都心からは離れていますが、来年もはるばる来場してくれる全ての方々に楽しんでもらえる学園祭をつくっていきたいです。

(写真)左3名は実行委員。右端は当社代表取締役会長・創業者 滝久雄。
(写真)左3名は実行委員。右端は当社代表取締役会長・創業者 滝久雄。

◇受賞のポイント◇

今年のテーマを「パスポートいらずワールドツアー」に据え、外語祭でしか体験できない企画がバラエティ豊かに展開されていました。キャンパス内のいたるところで上演される各国の民族舞踊や、珍しい外国の料理・お酒を楽しむことができるため、「一般の方もふらっと行って楽しめる」と、人にお勧めしたくなる点が最も評価され、見事MVPに輝きました。

■学園祭グランプリとは?■
学園祭グランプリは、Let's ENJOY TOKYOが2009年から実施している、東京・千葉・埼玉・神奈川にある学園祭ナンバーワンを決めるコンテストで、第4回目となる今年は66キャンパスがエントリーしました。
審査の最大のポイントは「学生以外の一般の人も楽しめる」、「学生の熱気を感じる」という点で、学園祭実行委員OBなどから構成される審査員による採点のほか、一般ユーザーによるWEB人気投票も加味され、優秀な学園祭には表彰状および副賞が授与されます。
今年は、「20歳未満の飲酒、イッキ飲みの撲滅」を目指すキャンペーンを展開するペルノ・リカール・ジャパン社協賛賞として「NO IKKI!賞」を新設しました。学園祭でのアルコール提供、飲酒に関して、イッキ飲み撲滅、20歳未満の飲酒撲滅に積極的に取り組んでいる学園祭を表彰しました。

◎審査員特別賞◎ 筑波大学 「第38回 雙峰祭」

◇受賞のポイント◇

「最も行ってみたいと思わせる、得体の知れないパワーが充満している」と審査員の話題をさらいました。単純に楽しめる企画から知的好奇心を刺激する企画まで、500以上の模擬店や企画を作り上げた参加学生の熱気に圧倒されました。
(※本コンテストは、東京・千葉・埼玉・神奈川にある大学の学園祭ナンバーワンを決めるコンテストであり、茨城県にある筑波大学は対象外ですが、自己推薦により、特別エントリーされました。)

右3名は実行委員。左は当社取締役執行役員 菊池俊彦。
右3名は実行委員。左は当社取締役執行役員 菊池俊彦。

◆2位 東京大学 「第63回 駒場祭」

小学生にも分かりやすい科学実験「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」や「駒場祭ロボコン」など、一般来場者の参加しやすさを考慮した企画が高く評価されました。来場者が楽しんでいたことはもちろんですが、日頃の研究や活動を発表していた学生自身が楽しんでいたことが印象的でした。

◆3位 東京農業大学 「東京農業大学農友会 第121回 収穫祭」

農業大学で学ぶ学生だからこそ提供できる模擬店グルメが目白押しで、実行委員おすすめの模擬店グルメがすべて大盛況でした。毎年恒例の野菜の無料配布や「大根踊り」をはじめとする、「芸能人を呼ばなくても集客できる伝統の企画」は祭りの熱気、学生の熱気を感じさせてくれました。

◆4位 青山学院大学青山キャンパス 「青山祭2012」

毎年大人気のファッションショーでは、青山学院大学ならではのおしゃれな学生がたくさん登場し、登場するたびに観客が盛り上がっていました。他大学生や高校生が行ってみたいと思うコンテンツが盛りだくさんでした。

◆5位 東京工業大学 「工大祭2012」

東工大生によるレゴロボット体験教室など、理系大学ならではの企画を一般の方が参加しやすいかたちで展開していました。他大学では体験できない、東工大らしさが感じられる企画による学園祭づくりが評価されました。

◎留学生模擬店メニュー賞◎ お茶の水女子大学 中国人留学生学友会 「ごま団子、豚肉麺・牛肉麺、水餃子」

肌寒い学園祭シーズンに嬉しい、あたたかいメニューで人気ナンバーワンを獲得しました。豚骨を長時間じっくり煮込んで作られた「豚肉麺・牛肉麺」、山東の「三鮮餃子」、もっちりとした皮で甘いごま餡を包み込んだ「ごま団子」がユーザーの興味をしっかりとつかんでいました。

◎節電・エコ奨励賞◎ 青山学院大学相模原キャンパス 「第10回 相模原祭」

今年の学園祭グランプリでは、節電とエコの両方に取り組んだ数少ない学園祭でした。また、今年から模擬店を出店する各団体に「エコ宣言」を提出してもらう取り組みを始め、他大学の手本となる工夫が見られたことが高く評価されました。

◎ NO IKKI!賞◎ 東京外国語大学 「第90回 外語祭」

アルコールの販売について独自のルールをつくり、しっかりと実行していました。「アルコールパスポート」というものを配布し、アルコールを1つ購入するごとにシールを貼っていき、シール8つ以上の人にはアルコールを販売しないなどの独自の取り組みや、「アルコールは1店舗につき3種類まで」、「販売するアルコールは、アルコール度数30度未満のものに限る」などのルールをつくって運営している姿に感銘を受けました。

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら