ニュース

2012年10月05日

シンガポール人や現地の日本人、観光客などに向けた飲食店情報検索サイト

「ぐるなびシンガポール」を開設

■開設日:2012年10月8日(月)

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎、以下 ぐるなび)は、高い経済成長を続けるシンガポールで、シンガポール人や現地の日本人及び観光客に向けた飲食店情報検索サイト「ぐるなびシンガポール」 (現地での名称「GURUNAVIぐるなび」) を、10月8日(月)に開設いたします。

ここがPOINT!

外食市場は成長中、日本の外食産業の現地進出も増加しており、好条件がそろう
高いインターネット普及率を背景に、ネットによるお店探しのライフスタイル化を目指す
今後のアジア展開のモデルケースになりうる



高い経済成長を続けるシンガポールでは、外食市場も毎年拡大しており、2010年には約62億シンガポールドル(日本円で約4,000億円)となっています。日本人の在住者は2万5000人、年間の日本人渡航者は60万人に上り、現地に進出する日本の外食産業も増加傾向にあります。また、インターネットの普及率も高く、特にスマートフォンの普及率は世界最高水準の90%を誇り、飲食店等でのWi-Fiの普及も進んでいます。

好条件がそろう中、ぐるなびは、外食の"オフィシャルサイト"として日本で築き上げてきたノウハウや仕組みを生かし、シンガポール人や現地の日本人及び観光客向けに、飲食店情報検索サイト「GURUNAVIぐるなび」を10月8日(月)に開設いたします。
シンガポールはWi‐FiやiPhoneの普及率が高いため、まずは想定利用ユーザーをiPhone所有者に限定してサービスをスタートさせ、ノウハウを蓄積したのち徐々にPCやAndroid端末にも拡大させていく予定です。
また、本サイトは当初、日本人在住者向け人気フリーペーパー『マンゴスティン倶楽部』、『AsiaX』から飲食店情報の提供を受け、約3,700店(うち約1,000店がPR文や写真、メニュー等の詳細情報を掲載)を紹介。
今後は、ぐるなびの特徴である、飲食店の正確かつリアルタイムな"きょうの情報"を発信することで利用者を増やし、掲載店の拡大を図ります。
開始当初は日本語と英語の2カ国語のみ切替可能ですが、中国語にも順次対応する予定です。

ぐるなびは、今回のシンガポールへの進出が、今後アジア展開していく上での重要なモデルケースになるものと考えています。

サイト概要

サイト名:
GURUNAVI ぐるなび

URL:
http://www.gnavi.com.sg/

開設日:
2012年10月8日(月)

掲載店舗数:
約3,700店(うち約1,000店が詳細情報)

ターゲット:
シンガポール人、現地の日本人及び外国人、シンガポールを訪れる観光客 など

サイト言語:
日本語、英語(2012年10月現在)
※中国語にも順次対応

以上

  • ※このページに掲載されている情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
  • ※画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

ニュースリリースに関するお問い合わせ

取材申し込みやニュースリリースに関するお問い合わせを受け付けております。

お問い合わせはこちら