採用情報

私たちのポリシー

ぐるなびサポートアソシエはこんな会社です

株式会社ぐるなびサポートアソシエは、親会社である「株式会社ぐるなび」の特例子会社として、 2011年1月に6名でスタートしましたが、ぐるなびグループの利益貢献を使命とした株式会社として、親会社の業務効率化に向け日々創意工夫しつつ取組んでいます。

働いて、貢献して、稼ぐ

ぐるなびサポートアソシエは、特例子会社である以前に、利益を生み出す使命を持った株式会社です。そして多くのステークスホルダーのために、利潤追求と事業継続の使命を負っています。ですから、私たちはきちんと働いて、その結果として他者に貢献して、そして稼ぐ必要があります。そこに甘えはありません。「働いて、貢献して、稼ぐ」。このサイクルをきちんとまわすことによって、はじめて1人1人が成長して、自立することができると私たちは信じています。

仲間同士で貢献しあうチームに

ぐるなびサポートアソシエには、精神・身体・知的とさまざまな障がいを持ったメンバーが集まっています。1人1人の事情は異なります。1人1人の得手・不得手も異なります。1人1人の志向・好み・性格も異なります。それは当然のことです。それぞれが1人の人間なのですから。
そして1人1人が異なるからこそ、チームワークの精神が大切なのだと思います。1人1人が自分にできる最大限の努力を尽くし、仲間や会社に貢献することが本当のチームワークだと考えます。そして、私たちはそれを日々、目指しています。

優れた貢献をするために最適な環境を作る

ぐるなびサポートアソシエは、株式会社であると同時に特例子会社です。特例子会社という位置づけを踏まえ、1人1人が貢献をするために最適な環境を作る努力を続けます。「最適な環境」というのは「最高の環境」とは異なります。「働いて、貢献して、稼ぐ」ために最も適した環境です。
そのためには、1人1人をきちんと見つめます。だから、ぐるなびサポートアソシエは管理スタッフとの面談を多く実施し、1人1人と向き合います。
社員がそれぞれの立場、能力で仲間に貢献することが、ビジネスの成長に繋がり、それはやがては社会への貢献、そして、社会人としての誇りと自信に繋がると信じています。

株式会社ぐるなびサポートアソシエ
代表取締役社長 川口雅樹