採用情報

社員からのメッセージ

障がいを乗り越えて

20代・男性右上肢機能障がい

倒れた時には「何で自分だけがこんな目に遭うんだろう」と思って本当に悔しかったけれど、「あきらめるな」と何度も自分に言い聞かせながら、リハビリを続けました。本来は右利きでしたが、左手で何でもできるようにトレーニングもしました。今では、新入社員の指導を任されるようになり、どんどん「自信」が出てきました。将来は仲間の意見をまとめていくリーダーを目指します。

40代・男性うつ病

デイケア・プログラムに出会ったのが、社会復帰のきっかけになりました。そこでの活動を通じて、生活のリズムを保つことや、コミュニケーションの大切さを学びました。「あと一歩前に踏み出そう」とする気持ちは大切ですが、そのことに勇気を出したり、新たに頑張る必要はないと思います。なぜなら「障がいと向き合う」だけで十分に頑張っているからです。就労支援機関や特例子会社では、働くための仕組みが整っているので、まずは試してみることをお勧めします。

50代・男性左下肢機能全廃

障がいを持って社会復帰を目指し、就職活動を試みましたが、なかなか興味が持てる求人にめぐり会えず苦戦しました。そんな中、ぐるなびサポートアソシエに就職することができて、優秀で仲の良い家族のような「仲間」にも出会えました。これからの私たちの成長と可能性に期待を持ちながら、「夢」を持って働いています。

自分らしくいきいきと

30代・男性知的障がい

力仕事の経験はあっても、パソコンを使った事務の仕事に就くのは初めてでした。ぐるなびサポートアソシエで働くようになって、自分が成長できたと思うのは「文章を書くこと」です。業務で書類を読んだり意見を発表する機会が多く、自然と文章力を身に付けることができたと感じています。家族と子供のためにも、「ずっと働き続けたい」と願っています。

30代・男性うつ病

私は人生の約半分を病気と共に過ごしてきました。ずっと治癒することを目標に闘ってきましたが、ある時、知人の「障がいと闘うのではなく、上手に付き合っていこう」という言葉に出会い、これまで「病気」と思っていたことを、「自分らしさ」なのだと認められるようになりました。ぐるなびサポートアソシエは、みんなが「ありのままの自分」を認めて活躍できるステージなのです。

40代・女性統合失調症

これまでいくつもの仕事をしましたが、なかなか定着せず、社会から取り残されてしまうような「不安」を感じてきました。どうしたらよいのか悩んでいたところ、就労支援機関に出会うことができ、就職活動を続けることができました。あの時、思い切って行動していなかったら、今の自分はないと思います。ぐるなびサポートアソシエは、障がいや1人1人の事情を受け入れてくれて、自分のペースで仕事ができること、そして仲間同士の触れ合いが「魅力」だと感じています。