会社案内

ぐるなびの取り組み 1. 食

「食」を事業領域とするぐるなびだからこそ、「食」に関連する様々な社会課題に対し積極的に取り組む責任があると考えています。創業来蓄積してきた飲食店支援のノウハウを活用・発揮することで、外食産業や食文化の持続的な発展に貢献してまいります。

1. 消費者の豊かで安全な食生活を守る

ぐるなびは「飲食店情報サイト」を運営するプラットフォーマーとして、利用者にとって信頼性の高い情報発信、使いやすく公正なサービスづくり、また個人情報をはじめとした情報セキュリティの徹底に取り組んでいます。さらに、農業支援や飲食店に対する食材仕入れ・メニュー開発支援、産学連携による研究開発などを通じ、安全や健康のほか、消費者の多様なニーズに配慮した「食」の発展にバリューチェーンのより川上から関与し貢献してまいります。

ぐるなび食のサステナビリティ

情報セキュリティに関する取り組み

2. 環境変化に強い飲食店経営モデルへの進化の支援

飲食店を取り巻く環境は、自然災害や感染症の発生、人口構造や消費者ニーズの変化など、短期・長期において多様に変化しています。ぐるなびは「飲食店の経営支援企業」として、飲食店が多様な環境変化の中においても経営を続けられるよう、食材仕入れや商品開発支援、イートインのみならずECなどによる多面的な売上づくり、ICTを活用した業務効率化など、総合的に飲食店経営を支援しています。

飲食店経営支援(ぐるなび PRO)

ぐるすぐり

3. 優れた日本の食文化・技術の普及・承継

「和食;日本人の伝統的な食文化」は2013年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本が誇る食文化とその文化を支える技術を、世界に向けて発信・普及すると同時に、後世へと承継していくための活動にぐるなびは取り組んでいます。

今年の一皿

RED U-35

接待の手土産