Menu

私にしかできない企画、
ぐるなびでしかできない企画で、
日本の食文化をつくっていきたい。

中村 仁美
加盟店営業部門
第1ブロック 東京第2グループ
(加盟店営業)
2014年度新卒入社。加盟店営業部門 東京営業所配属。東京有数のビジネス街、有楽町・日比谷・新橋エリアにて加盟飲食店の販売促進支援、未加盟店への加盟促進を担当。
 

経営者の方と本気で向き合う。
その先に、この仕事の醍醐味がある。

学生時代から興味のあった「食」「広告」「インターネット」の3つの要素を重視しながら就職活動に取り組んだ私は、すべてを満たし、さらに「企画」の要素が強い仕事であることに魅力を感じ、ぐるなびへの入社を決めました。
加盟店営業の仕事の本質は、インターネットの販売促進広告だけではなく、店舗づくりのためのコンサルティングを通して飲食店の経営をサポートすることにあります。集客施策として看板メニューやコースの開発をご提案することもあれば、競争優位性を追求した店舗コンセプトやターゲットとする顧客のセグメント、運営システムの改善、人材の採用・育成に関するご提案まで多岐にわたります。
しかし、最初からこうしたサポートができるわけではありません。その機会を自ら創出することからはじまります。それは決して楽なことではありませんでした。いま思えば、当然のことですが、どれだけ自分が良いと思った提案であっても、歓迎されるとは限らないのです。新人のころはなかなか提案を受け入れてもらえず、心が折れそうになりました。でも、ある日先輩から、「もっと飲食店の立場から考えて。」「信頼されるには時間がかかるのは当然。熱意を伝え続けることが大事。」とアドバイスをもらいました。熱い想いで経営支援に取り組むその先輩の姿を見ているうちに、私の気持ちにも変化が。思い返せば私の提案は飲食店の売上など数字のことが大半。数字だけではなく、飲食店が感じている課題に対して自分が何ができるか、もっと寄り添った提案をしよう。そう意識を切り替えて仕事に臨むうちに、飲食店の方々との信頼関係が徐々にに築くことができ、飲食店サポーターとしての役割が果たせるようになっていったのです。
その時の気付きはぐるなび営業として今でも大事にしています。

「中村さんはウチのスタッフです。」
その言葉が最高にうれしかった。

新人時代、新規で担当させて頂くことになったある飲食店。集客で苦戦されており、「このままではお店を閉めなければならないかもしれない」とオーナーは肩を落とされていました。何か自分にできることはないか。その一心で様々な角度からヒアリングをし、今までとは違った角度で提案。宴会など大人数でもご利用いただける個室という、顧客ニーズの高いポイントにフォーカスしたのです。サイト内での発信方法はもちろん、実際の店舗の個室の区切り方などについての踏み込んだ提案が功を奏し、宴会需要を起点に常連顧客の獲得へと発展。その他、お店自慢の料理の食べ放題プランの導入やコース内容の見直し、店内POP作成、全国のこだわり食材を使った食材フェアの導入を提案。“よくあるお店“から“こだわり料理を提供するお店”に大きく変化したのです。順調に売り上げも伸ばすことができ、経営も安定。数ヵ月後には過去最高の売上を出すことができるようになりました。オーナーからは「中村さんはウチのスタッフです。」とお言葉を頂きました。当たり前ですが、自分を信頼し、お店づくりの一員として迎えてくれたオーナーの気持ちにしっかりと答えられたときは言葉に表せない程の喜びがあります。
私の理想は、すべてのオーナーに満足してもらうことですが、まだまだ力不足なこともあり、ご期待に応え切れていないのが現状です。今後も更に自分のスキルを磨き、沢山の飲食店の方のお役に立てるパートナーになっていきたいと思っています。

日本中、世界中の方に
「食」で、もっとたくさんの幸せな瞬間を作り出していきたい。

現在、営業という仕事を通して、飲食店の方々と関わりながら、様々な貴重な経験をさせて頂いています。飲食店とユーザーの架け橋となれるからこそやりがいを感じられることがあり、その一方で大変さもあります。
幸せな瞬間は人それぞれたくさんある中で、「食」による幸せもとても大事なものの一つ。そのきっかけを私がプロデュースしたい。こうした思いは入社当初から変わっていません。
今は勉強することばかりで日々の業務に精一杯な部分もありますが、いずれ営業という経験を通して、たくさんの方に日本の「食」を楽しんでもらえるような仕掛けをつくり、コンテンツとして生み出していきたいと思っています。
日本だけでなく、海外にも向けた「食」の発信をしているぐるなびでは、いろいろなことに挑戦できるフィールドがあります。
たくさんの可能性があるからこそわくわくするようなことをしていきたい。新たな夢を大きく膨らませていきたい。そう感じています。