Menu

飲食店ごとに経営課題は多種多様。
その難しい問題に応えられて初めて、
目指すべき“パートナー”になれたと実感できます。

金野 祥吾
加盟店営業部門
第2ブロック 東京第3グループ
(加盟店営業)
2013年度新卒入社。加盟店営業部門 東京営業所 ユニットリーダー。入社以来、外食業界激戦区に数えられる渋谷・恵比寿・六本木エリアにて加盟飲食店の販売促進支援、未加盟店への加盟促進を担当。
 

入社1年目から経営者と対等に話し合える成長できる仕事。
しかしそのためにやらなくてはならないことは山ほどある。

若手社員が多く活躍している企業で働きたいと思い就職活動を進めて行く中で参加した、ぐるなびの会社説明会と社員との座談会。話をする中で、営業社員同士仲がよさそうで、横とのつながりの深い会社だなと感じたのが第一印象でした。また、新人でも早くから裁量権を持って仕事ができることにも魅力を感じ入社を決意しました。
私たちの仕事は飲食店経営者に対してお店の売り上げを上げるための提案をすること。言葉にするととてもシンプルですが、入社してみて思っていた以上に仕事の難しさを実感することがたくさんありました。新人の頃、先輩から引き継いだダイニングバー。ある日オーナーから「事業拡大に向けたアイデアがほしい」というご相談をいただきました。当時の私にとってはかなり難しい課題でしたが、頼ってくれたオーナーの期待に応えたい一心で、先輩からのアドバイスや他社の成功事例・失敗事例、また自分の足で回って蓄積したエリア情報、ぐるなびのビッグデータをもとに、アイデアをいくつも考えました。その中で提案したメニュー構成や宴会プランの見直しはとても効果的で、ハッキリと売上UPという成果となって現れたときは何とも言えない喜びがありました。その後もさらに業績は伸び続け、新たに2つの店舗をオープン。お店の成長を間近で見られることはぐるなびの営業ならではのやりがいです。今では新店の業態検討やメニュー開発、出店エリアの選定、物件選びまでアドバイスを求められるなど、飲食店経営のパートナーとして認められるまでになれたと実感しています。

オーナーへの有益な情報提供が信頼関係構築のカギ。
しっかりとメンバーにも伝えていきたい。

「金野さん、最近おもしろい話ない?」訪問した際、オーナーとのそんなやりとりから始まることもあります。飲食店では営業時間外でも仕込みや食材の調達、メニュー開発やシフト管理、人材育成などやならければならないことはたくさんあります。そんな中で、時間を取っていただいているからには、よりお店に有益な情報を提供できるよう、訪問の際は必ず”面白い“情報を用意しておくように心がけています。
もともとコミュニュケーションは好きな方でしたが、やはり仕事となるとただ話がうまいだけでは通用しません。お客様にどれだけ有益な情報を提供できるかが信頼関係を構築できるカギだと思っています。飲食店の販売促進にはもちろん媒体の力も大事ですが、それ以上にオーナーへの情報提供が大事だと考えています。WEB上の情報だけに頼らず、時には自分自身で食べ歩きながら情報収集することもあります。担当エリアの生の情報は営業としての最大の強みになると、様々な経験をした中で、実感しています。現在部下もでき、色々な相談を受けることもありますが、何が大事なポイントなのかを自分の実体験をもとにしっかりと伝えていきたいと思っています。

ぐるなびのリソースをいかにお客様の経営に役立てるか。
それが営業の腕の見せ所。

ぐるなびの加盟店営業の強みはなんと言っても、飲食店の経営支援ができる情報やツールが揃っていること。食材やレシピ、生産者、シェフをはじめ、外販、インバウンド、ウェディング、町おこしなどを担当する社内の事業部門と、セクションをまたいでタイアップできる点です。様々な情報発信ができる昨今、ただWEB上で店舗情報を発信するだけでは効果的な販売促進にはつながらないのが現状です。長期的視野をもって、多角的な提案を行わなければ厳しい外食産業の中で経営を安定的に続けていくことはできません。飲食店の良きパートナーとして短期的ではなく、長期的な目線で提案を行うことこそ私たちがやらなければならないこと。たとえば、食材の仕入れの提案や、店自慢の料理をテイクアウトやデリバリー、お取り寄せサイトで提供する外販事業への展開の提案、レストランウェディングや二次会需要に応える体制づくりの提案など、また最近では担当エリアの観光案内所と連携し地域の飲食店の活性化を進めたり。このようにぐるなびのリソースを活かしながら様々な切り口から自由な発想でお店の未来を描くことができるのが加盟店営業の醍醐味。今後はインバウンドを絡めた提案などもより意識して、これまで以上に飲食店経営者の課題解決のサポートをしていきたいと考えています。