飲食店と人の新たな「出会いの場」をつくるため技術向上とユーザーのニーズを考える毎日

飲食店と人の新たな「出会いの場」をつくるため
技術向上とユーザーのニーズを考える毎日

現在の業務内容は?

「レッツエンジョイ東京」の既存システムのリプレイスを担当

東京の新しい魅力を発信するお出かけサイト「レッツエンジョイ東京」の開発・運用・保守を担当しています。このサイトは2004年にサービスが開発され、ユーザーからも親しまれてきたサイトです。直近では、既存システムから新規のシステムへのリニューアルを担当しています。一歩間違えてしまうと、ページが見られなくなってしまうという可能性もある責任重大な作業のため、何度も修正と確認を繰り返します。難しいこともありますが、リリース後、自分の仕事によってサイトのパフォーマンスが向上したのを目にしたときは、大きな達成感を味わうことができます。

この先の成長目標は?

ユーザーの“当たり前”を叶える技術と視野を持ちたい

ネットで「今週末、どこに出かけようか」と楽しくお出かけ先を探しているのに、ページの読み込みが遅かったら、ちょっとストレスを感じますよね。ユーザーはまるで本のように、次のページを見られることが“当たり前”と思ってサイトを見ています。このように、自社サービスの開発に従事するエンジニアには、「ユーザーが求めていることは何なのか」という視点を常に持つことが大切です。最新の技術やアーキテクチャを追い求めることはもちろん、ユーザーにとって“当たり前”に使ってもらえるサービスを提供できるエンジニアになることを目指しています。

time table ある1日のスケジュール

  • 8:30
  • 9:00
  • 10:00
  • 11:00
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:30
  • 18:00
  • 出社
  • 朝礼 メールチェック
  • プロジェクト朝会
  • 担当案件作業
  • 同期とランチ
  • チーム定例ミーティング
  • 担当案件作業
  • 退社

自分の仕事が、飲食店の未来をどう変えると思っていますか?

お出かけを通じて、お店と人が出会う新しいきっかけを

「お出かけ」と「食」は密に関係しています。お出かけした先で、その土地でしか食べられないものや、名物のお店に出会えたら、お出かけはさらに楽しく、いつもとはちがう特別な日になります。飲食店にとって「レッツエンジョイ東京」は、ユーザーがまだ出会ったことのない場所や食事との出会いの場になるはずです。エンジニアとしてサービスを支え、より多くの人と食を結びつけることで、飲食店を盛り上げていけると考えています。

message学生への
メッセージ

なりたいエンジニア像に向き合える機会と、実際にチャレンジできる環境

ぐるなびのエンジニアの働き方には、幅広い選択肢があります。サービスに近いところで活躍する人もいれば、基盤を縁の下から支える人もいます。入社後には研修や勉強会があり、たくさんの先輩と交流することで、自分が「何に興味があるのか」「今後何をしたいのか」とうことが次第に明確になっていきます。そして、やりたいことには手を挙げれば、実際にチャレンジできる機会もあるので、自分のできる領域を広げていくのも楽しいと思います。

をみる
他の先輩たち

go top