知恵と情報の結集であるビッグデータそこから加盟店に新たな気づきを提供できるエンジニアへ

知恵と情報の結集であるビッグデータ
そこから加盟店に新たな気づきを提供できるエンジニアへ

現在の業務内容は?

ビッグデータを扱い、食のトレンドを予測するオンラインツールを開発

ぐるなびの飲食に関するビッグデータを使い、食のトレンドを予測できる「ぐるなびデータライブラリ」というオンラインツールの開発を行っています。中でも「急上昇ランキング」という流行ワードの分析を行い、まだ世に出ていない今後の流行を予測する機能の開発を担当しています。この機能を使えば、食品メーカーはその予測に従って商品を開発したり、加盟店は今後売れるメニューを考案したりと、データに基づいた新しい提案をすることができます。

ぐるなびを選んだ理由は?

学生時代の研究経験を活かし、自分の価値を高めていける環境が魅力

大学院時代は、自然言語処理を使った推薦システムの研究を行っており、この研究を机上の空論で終わらせたくないと、ビッグデータを扱う会社を中心に就職活動をしていました。中でもぐるなびは、食という人間に欠かせない要素についての膨大なデータを持ち、かつ自社でサービスまで一貫して展開していることが魅力でした。また、自分でシステムを作りたいという思いがあったので、学んできた知識を生かし、その価値をさらに高められると思い入社を決意しました。

time table ある1日のスケジュール

  • 8:30
  • 9:00
  • 9:10
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 17:00
  • 18:00
  • 18:30
  • 出社
  • 朝礼
  • 開発
  • ランチ
  • ミーティング
  • 開発
  • 機械学習勉強会
  • 振り返り・明日の準備
  • 退社

自分の仕事が、飲食店の未来をどう変えると思っていますか?

膨大なデータから、まだ誰も気づいていない可能性を提案

ビッグデータとは、ぐるなびに蓄積された知恵と情報の結集です。私の仕事は、このビッグデータを元に加盟店の経営課題を解決できるような、新しい気づきを提案するシステムをつくることです。ひいては日本の食の魅力を引き出すサービスをつくりたいと思っています。加盟店の方のみで考えられることにはどうしても限界があります。そこに、「こんな可能性もあります」と、分析結果を通してまだ見ぬ未来に対しての提案ができることに、ロマンを感じます。

message学生への
メッセージ

恵まれた開発環境とチャレンジの機会でより自発的に

成長するためには、経験値が必要だと思います。自社ならではのビッグデータを扱い、サービスの展開までを手がけることができる開発環境は、他社にはない経験を積める環境だと思います。この恵まれた環境に加え、数々の勉強会への参加や、入社1年目からの発表機会があるため、自発的に行動できる力が身につくと思います。この他にも、ぐるなびにはスキルアップの機会が多く用意されているので、ぜひ挑戦してほしいと思います。

をみる
他の先輩たち

go top