Menu

Business Field ぐるなびのビジネス領域 03

食材・生産者との
つながりで
飲食店をさらに繁盛店へ

食材と飲食店経営を
結んでいく

飲食店を繁盛させる経営支援の一つに、食材情報の提供があります。こだわりのある食材や加工品は、飲食店にとって特徴あるメニュー開発に欠かせず、良い食材がなければ店が繁盛しないと言っても過言ではありません。飲食店にとって有益な食材情報を集め、提供することもぐるなびの大きなミッションです。食材との出会いで飲食店は新たなウリを生み出し、生産者は新たな販路を開拓することができます。飲食店を繁盛させることは同時に生産者の支援にもなり、相乗効果によって食文化の発展へとつながっていきます。

そのため、生産者担当の営業は全国を巡って食材を探し歩き、飲食店担当の営業とも連携して情報を共有します。集められた食材の情報はデータベースに蓄積されるとともに、随時飲食店へ提案され、メニュー開発に生かされています。そのほか、全国の都市でぐるなびが開催しているマルシェも食材の情報共有や発信の場です。月に1回開催される「博多ファーマーズマーケット」のように、生産者だけではなくフードブースも設置する形態のマルシェでは、生産者と飲食店、消費者を直につなぐことができます。

おいしい日本を
再発見する取り組みを

日本の飲食店の多くは都市に集中しており、地方の人にはなかなか来店機会がありません。人気店の味をより多くの人に味わう機会を持ってもらい、飲食店を繁盛させたい、より多くの飲食店とユーザーとの出会いの場を作りたい、そんなところから生まれたECサイトが「ぐるなび食市場」です。このサイトでは、ぐるなびの人気店を始め、全国の厳選された飲食店やメーカーの逸品メニュー、スイーツ、お酒のほか、肉や魚といった食材自体まで網羅。自宅にいながら全国各地の名店グルメや旬の食材を気軽に取り寄せることができます。ほかにも、シェフや料理研究家といった人をキュレーターに迎えて、その人のおすすめ商品を紹介する「ippin」でも、数々のこだわりグルメ情報を発信しています。

食文化の発展のためには、飲食店と消費者の出会いをいかに促進するかが重要です。ぐるなびではECサイトやグルメ情報発信で、日本の「おいしい」を広く伝え、味わってもらおうとしています。

マルシェ・ジャポン
生産者と消費者をつなぐマルシェを、全国各地の都市で開催しています。飲食店のシェフが、産地直送のこだわり食材と出会う場にもなっています。
ふるさと食材図鑑
ぐるなびが全国の自治体から情報を集め、3000以上の食材や加工品を紹介しています。生産者情報も掲載し、飲食店と生産者の出会いの場にもなっています。
旬の食材情報ラウンジ
「SHUN*SHOKU LOUNGE」
グランフロント大阪にある旬の食材の購入や試食ができるアンテナショップ。新鮮な野菜をはじめ、飲食店が手がけるオリジナルの調味料や加工品など、特別な一品が手に入ります。生産者によるマルシェも開催しています。
ぐるなび食市場
ぐるなびが厳選した、全国の逸品を誰でもお取り寄せできるECサイト。食材からキッチン用品まで多彩で、人気レストランの絶品料理を自宅で楽しめます。
ippin
食のプロや食に詳しい食通の著名人がキュレーターとなり、厳選した逸品を紹介するサイト。ギフトや手土産などに最適な上質な品々について、毎日新たな情報が掲載されます。
接待の手土産
「こちら秘書室」の会員から寄せられた手土産情報を紹介し、大切な人に気持ちの伝わる品が選べます。手土産に関するマナーやハウツーといった記事も掲載しています。