Menu

Business Field ぐるなびのビジネス領域 02

日本各地の食の可能性を
最大限に高めていく

地方の食文化を発信していく

四季があり、縦に長い日本はその土地によって食や文化も千差万別、実に豊かです。そして、一般的な観光ガイドやグルメ情報には掲載されないような見どころや、おいしいものがまだまだ全国各地にはたくさん存在します。こうした地元の人しか知り得ないレアな情報を集め、発信しようと開設されたのが「ぐるたび」です。発信元となるのは、地元在住のライターやぐるなびが選んだ専門家たち。その土地をよく知っているからこそ、知られざるご当地グルメや、今この瞬間にしか見られない風景、ここでしか体験できないアクティビティといった特別な情報を伝えることができます。

旅をきっかけに日本各地の魅力を知ってもらう「ぐるたび」は、旅行やレジャーをユーザーが楽しむことで、その土地の生産者や飲食店を盛り上げ、地域を活性化させていくことが狙いです。そうした循環こそ、ぐるなびの目指す「日本の食文化を守り育てる」ことへつながっていきます。

行政と一体となって行う
地域振興

ぐるなびでは、2014年より日本全国の地方自治体および団体と包括連携協定を締結し、企業と行政等の双方の資源を有効活用し、協働で地域を盛り上げる取り組みを進めています。その土地の食文化や飲食関連情報、暮らしや文化といった幅広い内容についてITを使って発信するとともに、食に関連した飲食店支援やイベントの開催が主な内容です。飲食店に対しては地域の特性に合わせ、日本酒の生産が盛んな土地では消費拡大を目指すための啓発講座、外国人旅行者が多い都市では外国人受け入れ環境整備のセミナーを開催するといった、経営支援を行っています。そのほか、食育教室や料理教室を開催して地域食材について広く伝える活動で地域を盛り上げ、特色のある食材についてはブランド化を目指すことも視野に含めています。こうした食文化や観光振興を促す自治体および団体との連携協定は、2018年4月現在で16件結ばれており、今後も増えていく予定です。

ぐるたび
全国の観光やグルメ情報を、地域の在住ライターや専門家が発信するガイドページ。地元の人だから伝えられるコアな情報で、他にはない旅を提案しています。