ぐるなび SALES SPECIAL SITE

ぐるなび営業職採用特設サイト

03

営業職社員紹介

Person

常に変化し
成長し続ける会社で
営業のキャリアを重ね
リーダーとなった今は
部下のサポーターとして
成長を感じ喜んでいる

加盟店営業

岡野定 あいAi Okanojou
加盟店営業部門 第6ブロック
東京営業所
シニアマネージャー

営業の仕事にはどこか億劫な気持ちを持っていたが、人と出会うことに楽しみを見出し、やりがいを感じるようになった。
地道に経験を積み重ねて今は部下の成長を支援する立場になったが上司が自分をいたわってくれたように、自分も思いやりを持って部下を育てている。

Interview

人に覚えてもらっていた嬉しさが営業のやりがいに

最初の仕事は保険会社の営業職でした。日々営業活動をしていく中、良い気分転換となっていた時間、リラックスすることができていたのはランチの時間でした。自分に安らぎを提供してくれる飲食店を直接サポートする仕事をしたいという気持ちが芽生え、ぐるなびで働きはじめました。最初は営業アシスタントとして勤務をしていましたが、販促だけではなく課題解決型の企画提案も行う現在の営業スタイルへの変換期でもあり、飲食店をサポートしたいという思いもあり、営業として働くことになりました。

当時の私にとって飛び込み営業は気が重たい仕事でした。しかしそんな中、飛び込んだ先で思いがけない出会いがありました。前職でお世話になったお客様に偶然出会い、しかもお客様が私のことを覚えてくださっていたのです。別の仕事での出会いとはいえ、とても嬉しく、「これからもお客様の印象に残る営業をしよう」と決心をしました。「人と出会って嬉しいと思える機会を増やすためにも、多くの契約を取りたい」とも考えるようになり、大きな転機となった出来事でした。

上司に恵まれて成長し、自分もメンバーをサポートする立場に

ぐるなびの営業は裁量があり、お客様のためにサポートをしたいことがたくさん見つかる仕事です。行動量が多くなければ結果が出せない仕事とも言えます。私は仕事を早くこなせる方ではなかったので、その分時間をかけて着実に業務にあたっていました。遅くまで働く日もありましたが、最初から時間がかかると分かっていたので、それほど苦ではありませんでした。それに上司にも恵まれ、私が案件を抱え込みすぎていたときは「そこまで抱え込ませてごめん」と、気づけなかったことを謝られ、助けてくれました。そうした絆があって、上司のために頑張ろうと思い、仕事を続けることができました。

私が入社してから会社自体も大きく成長しましたが、営業組織や仕事の仕方がどんどん改善されました。今では営業の成功事例を共有する仕組みも出来上がり、営業を行う上でとても役立っています。私自身は現在チームリーダーとして部下を持って4年が経ちます。リーダーと考えるとプレッシャーも強く感じてしまいますが、自分はメンバーをサポートするアシスタントであると考えるようにしました。みんなが働きやすいチームにすることを意識して、悩みがありそうなメンバーがいれば食事に誘い、なるべく精神的な負担をやわらげることを考えています。

満足することなく成長するために意欲を持って働き続ける

10年以上勤めていく中で、ぐるなびの成長を間近で見続けることができています。また、入社時から担当している飲食店の成長もつぶさに見られること、部下が日々成長する姿を見ることが、今は何よりも嬉しく感じています。

ぐるなびは実績を出せば、年齢に関係なく上に立つことができ、成長する機会にあふれた会社です。私自身は日々のことをしっかりこなし、コツコツと積み重ねることでいつしか目標に到達しているタイプですが、言われたことだけをやるという姿勢では評価されませんし、成長できません。自らで考え、想いを持って提案すれば挑戦させてくれる会社なので、積極的に考え、動いていくことを私は意識しています。
ぐるなびで働きたいと思っている人には、大きな夢を持って挑んできて欲しいと思います。自分がやりたい、成し遂げたいと思えば実現できるフィールド、それがぐるなびにはあります。

※本サイトに登場する社員の所属部署・役職等はすべて取材時点のものです