ぐるなび SALES SPECIAL SITE

ぐるなび営業職採用特設サイト

02

営業職社員紹介

Person

営業の仕事とは
「良い仕事をして
その対価をもらう」という
考え方の転換が転機となり
飛躍できた

加盟店営業

梶井 潤Jun Kajii
加盟店営業部門 第5ブロック
福岡営業所
シニアマネージャー

営業経験があり、ぐるなびでも結果を出せると考えていたがその見通しは甘かった。同期の中で最下位からのスタートとなったが、上司に厳しい言葉をかけられて目が覚める。プライドを捨て、広い視野を持つことで会社でも初の長期連続目標達成の記録を樹立。マネジャーとして福岡営業所を牽引する立場にまで成長を遂げた。

Interview

「できるだろう」という自信を砕かれた新人時代

私は金融業界からぐるなびへと転職しました。それは「日本の食文化を守り、育てる」という「食」を語る社風にひかれ、若い人が活躍している未来のある会社だと感じられたからです。同期の中で営業経験者は私だけ。前職では常に目標達成できていましたし、最初は正直「これなら同期に勝てる」という優越感を感じていました。しかし、いざフタを開けてみるとまったくの逆。入社3か月後、新規獲得件数によって新人賞が与えられるのですが、同期の中で自分だけがそれを取れなかったのです。つまり、最下位でした。金融時代の営業は情報収集能力があれば結果を出すことができました。しかし、ぐるなびでは自分自身の創意工夫や企画力が求められ、その提案で対価をいただく。それは私のこれまでになかった経験だったのです。

そこから突き抜けられない時期が続きますが、1年半ほど経ったとき、ターニングポイントが訪れます。チームリーダーに「お前には根気も覚悟も何もない」と手厳しい指摘をされたのです。私はその時点まで営業とはお金を稼ぐものだと考えていました。しかし、リーダーの意見は違いました。「お金は良い仕事をした対価としてもらうもの。報酬を先に狙ってはダメ」だときっぱり。そこで私は自分の思い違いにはっきり気づかされることになったのです。

上司の言葉が転機となり、ぐるなび本来の使命を意識

私はその時まで自分自身でやろうという気持ちが強く、素直に人の意見を聞こうとしていませんでした。営業研修もあるし、先輩も聞けば何でも教えてくれます。しかし、下手に経験があったおかげでプライドが邪魔をして、必要な教えを請うこともしてきませんでした。また、目先の結果だけを追いかけて、提案先の飲食店のことをきちんと知ろうともしてきませんでした。ぐるなびの「レストランのサポーター」という事業コンセプトを意識しておらず、ぐるなびの社員として使命感を持って提案できていなかったことに気づき、ようやく目が覚め、それまでとはまったく逆に、先輩やまわりに助けを請い、お客様のことを第一に考え、常に「良い仕事」ができるよう意識をしました。この転機を迎えたあと、部下ができたこともあってモチベーションも上がりました。2011年にユニット長になったときには11か月連続目標達成という、会社でこれまでにない大きな結果を出せるようにもなったのです。

結果を出せるようになると新しい意欲が湧いてきます。まだ市場開拓の余地があるエリアで挑戦したくなり、そのときの目標も達成し続けていたこともあって上司に直談判し、福岡営業所へと異動することになりました。営業所を束ねるという、新しい挑戦の始まりでした。

マネージャーとしてメンバーを率い、地域活性化にも取り組む

こうしてマネージャーとして2013年から福岡営業所に着任しましたが、正直毎月の売上は理想とは言えず、日々立て直しが必要な状況です。まずはメンバー一人ひとりと向き合うことで、かつての私のように「良い仕事」ではなく、「報酬」を先に追いかけようとしていた自分自身を重ねることで見えてくるものがあります。私は時間をかけてそのマインドの変革を試み、本来ぐるなびとしてあるべき姿に戻していこうとメンバーそれぞれに考えさせる機会を増やし、改革を続けています。目的意識を持って仕事に取り組み、毎月目標を達成できて当たり前、というところまでメンバーの意識を引き上げるのがミッションです。

現在の目標はまず会社が目指す加盟店数を達成することです。個人的には九州の一次産品の流通活性化や、地域同士のつながりをもっと強くして国内消費を盛り上げることも狙っています。また、福岡市との包括連携協定もこのたび締結されました。今後は産・学・官と連携して食の魅力を発信していく構想があります。九州はアジアの玄関口としてインバウンドの取り組みも進んでいますし、やれること、やらなければいけないことがたくさんあります。「食」は全ての人とつながれるツールです。今後もビジョンを持って、あらゆる可能性に向かって取り組んでいきたいと思っています。

※本サイトに登場する社員の所属部署・役職等はすべて取材時点のものです